2011年09月26日

タイムスリップ

光りより速く移動する粒子が云々…というニュースとは全く関係なく、先週土曜に、地元のスタジオの発表会に出演してきた。


昨年8月に25周年のお祝いになればと結成した東京在住の卒業生で作ったチーム。週に一回のペースでスタジオの代表作を練習してきた。私にとっては10年以上ぶりの仲間達。スタジオ卒業後舞踊科に進んだり、ダンスの専門学校にすすんだり、プロを目指したりと進路はバラバラではあったものの、小さい頃に身につけたこと、育ってきた環境が同じだったことはしっかり財産になっている。しかも各自が進んだ道から持ち寄ったもので味付けは深くなったかなとも思う。


本来なら6月だったはずの発表会は震災の影響から二転三転し、使える舞台もかわり、参加できるメンバーも減った。社会人になっている卒業生のスケジュール調整は一ヶ月では足りなかった。構成上、少人数では難しい作品は断念しようとしたがスタジオからは「被災地からのお願い」と懇願され、作品の構成を練り直すことに。


それでも、かつて一緒に踊っていたお姉さんたちが子連れで駆け付けてくれて、懐かしかったと言ってくれた。地元の卒業生も数名参加していて、楽屋や舞台袖は昔のような雰囲気もあった。暗転から音楽が流れるまでの安心感は長い隔たりのあった仲間と踊っても生まれるらしい。これこそ同じ釜のなんとやらだ。


11月には今回無念にも参加できなかったメンバーも含めてスタジオパフォーマンスをする。せめてもの恩返しになればと願いながら。
posted by にゃん at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

願い

マッサージが終わって赤羽から埼京線に乗り込みボーッとしていたら隣に座ったおじさんに話し掛けられた。


以下、私→み、おじさん→お


お「この電車、東京行きますか?」

み「行かないですね。」

お「東京に行きたいんですが(大汗)」

み「池袋で乗り換えるか、新宿で乗り換えれば大丈夫ですよ」

お「新幹線に乗りたいんです。静岡に帰るんです」

み「(地下鉄はムリそうだな…)池袋から山手線でも、新宿から中央線でも東京に着きますから」

お「新幹線40〜50分後なんですけど(焦)」

み「大丈夫ですよ、間に合いますよ」

結局、池袋で降りたおじさん。こちらの電車が出発するときに、ふとホームを見たら、しきりにこちらに頭を下げている。

よくみたら向かいのホームの列に並んでた。そこに来る次の電車は湘南新宿ライン逗子行き





乗り換えまで教えた方がよかったかしら…とりあえず、乗ったらすぐに周りの人に「これって東京行きますか?」と聞いてくれることを祈る。そんな三十路になって初めての週末。
posted by にゃん at 22:07| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。